クリニック紹介

クリニック紹介

当院は有床(19床)の眼科クリニックです。
西元眼科医院のお約束として、以下を掲げています。
私たちは、健やかに生きたいと願う善良な患者さんすべての方のために最善の医療を実践いたします。
私たちの考える最善の医療とは、体だけでなく心も満たされる医療です。
ご来院された方々に「人生を見通す眼」をもっていただき、幸せなゑびす顔になっていただけるよう
スタッフ一同、医療のプロフェッショナルとして、心(まごころ)・技(治療法・手術)・体(気力)を尽くして親身に接して参ります。

主にどのような手術をしていますか 眼球の中でも目の奥の方にある網膜というところが病気になった場合に、いろいろ対処する薬や手術の治療を専門に行っております。
糖尿病による糖尿病網膜症や糖尿病黄班症、目の奥にシワがよってゆがんで見える黄斑上膜(おうはんじょうまく)、失明の可能性のある網膜剥離や網膜静脈閉塞症などの眼底出血などの眼の奥の病気の治療や手術を行っております。

手術で心がけてることは? ものすごく細かく、複雑な手術になるので丁寧に時間をかけています。患者さんの理解がなかなか難しい時には丁寧に診察した後に説明をし、納得していただいたうえで手術や治療をするように心がけています。

主にどのような手術をどれぐらいしてきましたか? 硝子体(しょうしたい)手術という目の奥の手術を行っています。
年齢とともにゆがんでみえる黄斑上膜(おうはんじょうまく)や、糖尿病による糖尿病網膜症などを中心に1万件を越えています。

技術の高い専門医として地元にこだわる理由は? 元々僕は都城出身で、生まれも育ちも都城で大学も地元です。地元でずっと居座ってもよかったのですが、都会では最高の医療を提供できていても、地方の田舎になると最高の医療が提供できないということが今の日本で許されていいのかと。
地方であっても都会と同じレベルの治療ができるように、大学卒業後東京に修行に出てハイレベルな治療を地元に持って帰るというのが目的で東京に修行に行っていました。
23年前に都城に帰ってきて、都会のハイレベルな手術治療をやるというのが元々僕の目標でした。
都会で治療する方が需要は多いのですが、今は都会で治療するよりも生まれ育った地元(宮崎や鹿児島)の患者さんたちを中心に集中して治療をしています。

これから眼科医を目指す人へのアドバイスは? チームワークや連携というのももちろん大事なのですが、あまり同じ場所に閉じこもって、その場所での常識というのを信じ込んで 、井の中の蛙のようにならないようにしてくだい。
  例えば修行に出るなり、時々他の施設を見学に行くとか、学会や勉強会に参加し、色々な考えを持った人たちとディスカッションをする。医者もコメディカルスタッフの方たちも一緒に情報収集して、そのスタッフのチームの中で咀嚼して自分たちの方向性を見出して一緒にやっていく。ハイレベルな治療をするためにはそういうステップが重要になってくると思います。
日々淡々と診療をこなすのではなく、自分たちがやっていることを時々振り返りながら、それが正しいのか、最先端な治療をやっているのか、振り返りながら診療を行っていくことが大事だと思います。

オペ室

当院では、白内障手術、硝子体手術をはじめ、眼瞼下垂手術にも力を入れております。
ご本人、ご家族へ丁寧な説明をし、安心して手術を受けていただける体制を整えています。
眼瞼下垂手術は炭酸ガス(CO2)レーザーを使用し、白内障手術は、出血が少なく、短時間で治療できる体制を整えています。
医師、看護師、視能訓練士、事務が一丸となってサポートしています。
また、2020年3月より開始した硝子体手術は日本でもトップクラスの医師が執刀しています。

病室

白内障手術などで入院された患者さんが快適な空間で過ごしていただけるように、院内環境整備を行っています。院内で調理する健康に配慮したお食事も好評いただいております。

検査室

当院では様々な眼疾患に対応でき、患者さんの身体的負担の軽減になり、短時間で終わる検査機器を揃えています。

インフォメーション

ロゴ

西元眼科医院

〒885-0032 都城市中原町41-8

お問い合わせ先

TEL 0986-25-8888

FAX 0986-25-9666

受付時間
月〜金曜日 8時30分〜17時 (祝日、年末年始を除く)

© nishimoto 2020. All rights reserved.